MENU

住宅ローンが払えない

恥ずかしい話ですが私は以前、住宅ローンが払えなくなりました。

 

職業は大手電機メーカーの営業で、当時は業績が良く、給料も同世代と比べるとかなり高かったのを覚えています。
学生時代の同級生と結婚をし、娘にも恵まれ、貯金をすべて頭金にして、3000万円の住宅ローンで一戸建ての住宅を新築しました。
ここまでの人生は本当に順風満帆で、挫折なんて言葉とは無縁でした。

 

その3年後くらいに会社の業績が悪化し始めたのです。

 

 

残業代がカットされ、ボーナスも以前の半分以下に減りました。
妻もパートに出ることで、なんとかやりくりしていましたが、それも続かずにカードローンに手を出しました。

 

「すぐに返せる」「ボーナスで払える」と言った安易な考えで…。

 

 

一社だけでは足りず、数社から借り入れ。

気付けば、3社の消費者金融とクレジットカードのショッピングやキャッシングで借金総額は400万円ほどに膨れ上がりました。

 

住宅ローンとキャッシングの返済額は毎月20万円を超え、返済が間に合わず滞るのが当たり前に。

 

そんなとき体調を崩し、しばらく働くことが出来なくなりました。悪い時というのは、とことん悪くなる、身に染みて感じました。
銀行や消費者金融は、こちらの事情を気にしてくれるわけもなく、支払いを滞ると、督促電話や請求書がひっきりなしに届きます。

 

法的な手続きが必要になるといった督促状までも届くように。妻と離婚について話し合ったのもこの時でした。

 

このまま消えてしまいたいと毎日考えました。本当に辛かったですね…。

 

頭の中は、払えない払えない払えない払えない払えない、と借金のことでいっぱいでした。


体調を崩し働けなくて住宅ローンが払えない

体調は回復の兆しどころか、借金や生活への不安から精神病も患いました。

 

 

「これはもう自己破産しかない」そう考えてインターネットで情報を集め、その中に個人情報が不要で、無料で借金減額のシミュレーションができるサイトを見つけ、利用したところ過払い金が約100万円返還されること、「個人再生」と言う債務整理をすれば、借金が減額されるだけではなく、自宅を手放さなくて済むかもしれないとのアドバイスをもらいました。

 

後から知ったことですが、私が実際にそうだったように「住宅ローンが返せない=自己破産や任意売却」と考える方が多いようですが、借金問題や住宅ローン問題の解決策は、一つではなく複数存在します。
借金問題を数多く解決してきたベテラン弁護士に相談すれば、依頼者に合った解決策を必ず見出してくれます。

 

 

利用したサイトで紹介してもらった法律事務所に相談をしたところ、過払い金と個人再生の手続きで70%近い額が減額され、なおかつ残債については今後いっさい利子は発生せず、元金を毎月分割で支払うことで合意しました。

 

相談しただけで、借金400万円が120万円になったのは本当に驚きました。

 

 

また、弁護士の先生のアドバイスで、私と妻の収入に見合った住宅ローンの支払額に見直したことで、自宅は手放さないことでまとまりました。

 

当初は自己破産を覚悟していましたが、任意売却した場合や、自己破産した場合など、様々なケースを試算して想定したうえで、私の場合は個人再生に決めました。
債務整理に慣れてない弁護士だと経験不足から的確で正確なアドバイスができないようです。

ですから、住宅ローンが払えないことで悩んでいるなら債務整理に慣れた弁護士に相談しましょう。相談した弁護士が今後の人生を左右すると言っても過言ではありません。

 

私が実際に利用した無料シミュレーターなら借金がいくら減額されるのかだけではなく、依頼者にあった債務整理を提案してくれ、債務整理に慣れたベテラン法律事務所も無料で紹介してくれます。
私と同じように住宅ローンや借金で首が回らなく、一人で考え込んでしまってるなら、私が実際に利用した無料シミュレーターを一度利用されることを強くオススメします。

 

住宅ローンや借金問題は、金額の大小に関係なく解決方法が必ずあります。
個人情報を入力することに抵抗があるのなら匿名でも利用できますから、ぜひぜひ利用してみてください。

 


↓これが利用したサイトです↓

 

街角法律相談所無料シュミレーター匿名申込はこちら!

 

任意売却を考えてるなら、自宅の価値を予め調べておきましょう。入力も簡単で、1分足らずで査定できます↓

 

イエウール無料査定はこちら!


債務整理の種類

任意整理
任意整理とは「任意で借金を整理すること」で、裁判所などの公的機関を通さずに、債務者と債権者が直接話し合って、借金の減額や利息の無くすように交渉することです。交渉は弁護士が行いますが、借金が劇的に減ることはなく、10%〜30%の減額でまとまるケースが多いようです。

 

 

個人再生
個人再生とは裁判所を介して行う債務整理手続きで、借金額を大幅に減額し、残った借金を分割で返済していく手続きです。
自己破産と違いマイホームや財産を残せるなど、自己破産よりも自由の幅が利く一方、借金がすべてなくなるわけではありませんから、減額された借金を返さなければなりません。

 

 

自己破産
自己破産とは、裁判所に「破産申立書」を提出して「免責許可」をもらい、全ての借金を帳消しにする手続きです。
税金を除く借金がすべて帳消しになる代わりに、自宅などの財産は処分し、お金に換えて、債権者に配当しなければなりません。
要するに、自己破産は所有している財産を失う代わりに、借金をすべて帳消しにする手続きです。

 

 

過払い金

過払い金とは、本来支払う必要がないにもかかわらず、貸金業者に対して払い過ぎたお金のことです。
2010年までに、消費者金融、クレジット会社、大手デパートカードからお金を借りたことのある人は、過払い金請求が出来る可能性が高いです。
すでに完済された方でも、過払い金請求は出来るので、「街角法律相談所無料シュミレーター」でいくら戻ってくるのか計算しましょう。匿名でも無料で利用できます。

 

このように、借金問題を解決する方法はひとつだけではありません。法律事務所は無料で相談に乗ってくれるので、今の状況にあった解決策を専門家にアドバイスしてもらうのが解決への近道です。


払えないとしても確実に解決策がある

債務整理に慣れてるベテランの専門家に相談すれば、依頼者にあった解決方法を見出してくれます。一人で考えていても答えなど見つかることはありません。

 

 

借金のプロに相談し、的確なアドバイスをもらうことが解決への第一歩。
借金問題から解放された今、人生がとても楽しく思えるようになりました。

 

私は人生において挫折を味わったことがなかった分、プライドが邪魔をし、すべて一人で解決しようと考えました。その結果、借金が膨れ上がり家族や親せきにまで迷惑をかけてしまったのです。今思えば、もっと早く相談に行くべきでした。

 

借金問題を誰かに打ち明けることは抵抗があり勇気が必要ですが、その一歩を踏み出さなければ、大切な物を失うかもしれません。

 

私自身、住宅ローン払えない、住宅ローン払えない、住宅ローン払えない、住宅ローン払えない、住宅ローン払えない、住宅ローン払えない、住宅ローン払えない、住宅ローン払えない、住宅ローン払えない、住宅ローン払えない、と四六時中頭から離れることはなく、毎日が苦痛でしかありませんでした。

 

現在は減額された借金と住宅ローンを返済しながら、以前と同様の自宅に住み、妻と共働きをしながら2人の子どもを育てています。
これからは命やお金よりも大切な「家族」を守っていきたいと思っています。

 

 

住宅ローンが払えないと悩む方の一助に慣れたらこの上ない喜びです。